借家でも太陽光発電投資ってできるの?

借家での太陽光発電は大家と相談

持ち家を所有している人で自宅に太陽光発電のシステムを導入して使用している人は少なくありません。持ち家なら所有者自身が良ければすぐに太陽光発電を始められますが、借家の場合大家に断られた場合できない事もあります。太陽光パネルを自宅に設置する場合家の屋根に取り付ける場合が多いです。そうなると設置してそれを使用している事で家に自体になんらかの不具合が生じたりするのではないかと考えたり、とにかく不要なトラブルを避ける為に家の改築や何かを後から取り付けるという事をやめて欲しいと考える大家もいます。
借家で太陽光パネルを設置する場合はまず管理会社や大家に設置してもいいか確認をとる事が大切です。許可をしっかり得る事で不要なトラブルを避ける事ができます。

大きなスペースがなくても導入できる

借家で太陽光パネルを導入したいと思って持ち家と違って住んでいる人の気持ち次第で設置して良いというものではないので、借りている家を管理している人に拒否をされてしまえば設置できません。屋根に大掛かりに設置するのは辞めて欲しいとなった場合はベランダに設置して使用できる物もあるので、そのようなタイプの物を検討するのが良いでしょう。
もちろん屋根の広いスペースを使って設置して発電する時と比べて同じ日照時間でも発電できる電力が変わってきますが、そもそもスペースがない時などにも太陽光パネルの設置を諦めずに済むので便利な物と言えます。価格的にもスペースが小さい分安価な物もあるのでとりあえず設置してみるという場合にも良いです。

© Copyright Energy Inventors. All Rights Reserved.